誰もが羨む美肌になろう|生活習慣の見直しが大切

美と健康のために

生活習慣の見直し

女の人

加齢とともに気になってくるのが、肌のたるみや皺、シミやくすみなどではないでしょうか。
肌のハリに必要なコラーゲンは加齢とともに年々、減少してしまいます。
すると、若いころにはあったはずの、肌の瑞々しさが失われ、皺やほうれい線が目立ってきてしまいます。
これらが目立ってくると、実年齢より老けてみられてしまうかもしれません。
少しでも、この老化現象を遅らせて、美肌になるにはどうしたら良いのでしょうか。
肌の調子は、その日の体調に深く関係してきます。
あなたも、疲れやストレスが溜まると、肌が荒れたり、デキモノができたりするなどの経験はありませんか。
自分の肌に合った、基礎化粧品を使うことも、もちろん大切ですが、それ以上に大切なのは、規則正しい生活習慣です。
それが、美肌への一番の近道とも言えます。
今すぐに、生活習慣が乱れていないか、見直してみましょう。
まずは、栄養バランスの取れた食事をきちんと取れていますか。
人は食べたものでできていると言われるぐらい、普段、私たちが口にしているものは重要です。
食生活の乱れは、美肌の大敵です。
質の良い睡眠もとても重要です。
忙しい現代人は、睡眠が足りていないと良く言われます。
短時間でも、質の良い、深い眠りが取れるように工夫することが大切です。
そして、適度な運動です。
運動は、健康に良いのはもちろんのこと、精神面にも良いとされています。
美肌の大敵である、ストレスや疲れを感じているときは、あえて、運動を心がけてください。

ビタミンの効果

婦人

いつの時代も変わらない美人の条件の1つに、美肌があります。
効果的な化粧品を使ったりマッサージをしたりと様々な方法がありますが、最も良いのは食事から美肌を作ることです。
良い栄養素を摂ると肌の調子を整えると共に、健康状態も良くなります。
体の内側から綺麗になることで、自然と美肌も作られていくのです。
よく肌にはビタミンが良いと言われますが、各種ビタミンによっても効果が違います。
緑黄色野菜から摂れるビタミンAは、ニキビを出来にくくする働きがあります。
綺麗な肌を保つのには最適な栄養素です。
フルーツに多く含まれるビタミンCは、コラーゲンが豊富です。
また、メラニンの沈着を抑えてくれるので、シミのない白くて弾力のある肌にしてくれます。
魚やアーモンドから摂れるビタミンEは、肌の酸化を戻してくれるためアンチエイジングに効果があります。
ダイレクトに効果があるのはこれらのビタミンですが、その他にも血行を良くしたり、くすみを取ったりと、美肌作りに良い成分が含まれているものがたくさんあります。
どうしても外食が多くなったり不規則な食事になってしまったりする場合はサプリメントもオススメです。
ビタミンと一緒に不足しがちな鉄などの栄養素も併せて摂れて、手軽な上により効率的です。
毎日何十種類もの食材を取り入れて食事をするのは時間的にも金銭的にも大変ですから、どのビタミンが足りていないのかを考えて上手くサプリメントを活用しましょう。

栄養よりも保湿が大切

レディ

気温が下がって空気が乾燥してくると、美肌を維持するために乾燥肌対策に重点を置いたスキンケアが必要になります。
一般的にスキンケアと言いますと、化粧水で水分を補給し、乳液で蒸発を防ぎ、クリームで栄養を与えるという作業を想像しますが、実はそうではありません。
美肌のためのスキンケア方法は、女性と男性で異なります。
まず女性の場合ですが、女性は出かけるときに必ずと言って良いほどメイクをします。
このメイクに使うコスメも、自分の肌に合っていて、刺激しないものを選ぶことは当然ですが、それを落とすクレンジングも重要です。
クレンジングオイルなどを顔に塗って落とすのですが、この時に顔の皮膚をゴシゴシ擦ったりしますと肌は刺激を受けて、その刺激から守るためにメラニン色素を生成してソバカスや黒ずみの原因となります。
クレンジングは肌への刺激が少なく、化粧を少ない力で素早く落とせるものを選びましょう。
次が洗顔です。
一般的にメイクをしない男性は、洗顔が美肌のためのスキンケアの入口になります。
洗顔は、季節を問わず人肌のぬるま湯を用いましょう。
冷水を使うと毛穴が閉まって、中に詰まった汚れが出てこなくなります。
次に適度な洗浄をすることです。
夏場には汗と皮脂のベタつきが気になって、つい肌がキュッという感じになるまで洗ってしまいがちです。
しかし、それは禁物です。
天然の乳液と言われる皮脂は、美肌のために必要な分は残さなければなりません。
皮脂を完全失った肌は直ぐに乾燥が始まり、それを防ぐために今度はより多くの皮脂を分泌する肌になり、最終的に脂性肌といわれるベタ付いた肌に行き着きます。